フランス南西部、ボルドー地方の南側に位置するアルマニャック地方で醸造される、白ブドウを原料としたブランデー、アルマニャック。「アルマニャック・ド・モンタル」は、アルマニャック地方で12世紀から続いている旧家の名前で、フランス・ガスコーニュ地方で最も品質が高い産地であるバ・アルマニャック地区のロックロール村(ブルーチーズで有名)の中のシャトー・デュ・リュートールという畑で、300年ほど前からアルマニャックを生産しています。

アルマニャックは、美しい琥珀色を醸し、熟成という時間だけが創りだすことのできる深い味わいのお酒です。その年代により味わいの個性もまた様々です。バナナ、チェリー、洋ナシなどフルーツの香味が主体なものもあれば、スパイスや花の香りが強いものもあります。異なるヴィンテージを飲み較べてみるのもアルマニャックの楽しみ方のひとつです。

1990年

¥6,400価格